プラレール(8の字環状線)

今回は息子が、「がちゃっとえきのロータリーと踏切がいい」とのことで、がちゃっとステーションを中心に両側に環状線を作成しました。


息子の要望通りにロータリーから踏切がちょうどつながりました。

(なぜか奥で救急車を線路に走らせていますが…)

今回のレイアウトで一番苦労したのが高架線と左側連絡線の交差位置。どうしても橋脚が干渉してしまうため、一段ブロックをあげてしのぎました。

一応、列車を乗せた荷重試験にも耐えられました。


左右の連絡線をつなぐのに、若干無理した配線になってしまいましたが、上下とも環状線となって、どちらのまわり方でも連絡線に入れるなかなかのできになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください