プラレール(車庫のある駅改)

どうも、2人目の息子(間もなく9カ月)が生まれてから、上の子(4歳)のプラレール熱が冷めたのでごぶさたでしたが、あいにくの天気の週末に久しぶりに広げました。

立体を駆使して、4番線まである右手の駅からはどこからどっちの方向へ行っても分岐を通って複数のホームへたどり着ける仕様にしたら、お互いにどこに行ったらぶつからないかパズルを解くような感じになってしまいましたが、息子が楽しそうに走らせていたのでよしとします。

(家庭の都合で画像を一部加工してあります)

線路が増えたおかげで、以前のプラレール(駅に車庫)に比べて、格段にパワーアップしました。

[blogcard id=”3068″]

何が問題かというと、これだけ広げてもまだ線路が余るようになったという…(苦笑

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください