六義園

どうも、コンパクトデジカメの電池を止めるツメを割ってしまったnaka-staです。壊した直後は電源が入ったので安心しましたが、今日出かける際にいじったら見事に動きませんでした…

さてさて、そんなデジカメもって行きたかった行き先は、駒込の「六義園」でした。


六義園は「江戸の名園を今に残す和歌の庭」のキャッチフレーズ?を持つ都立の公園。

会社の先輩に紅葉スポットと聞き、父親に軽く話したら行こうと言うことに。
パンフレットによると、
五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主・柳沢吉保が元禄15(1702)年に築園した和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園
とのこと。
池あり峠あり自然がありと、都内にいながらちょっと郊外に紅葉を見に行っているようでおもしろかったです。冒頭に記載したとおり、デジカメがない状態なので、Xperiaでとった画像ですが…

行きは駒込駅から、帰りは千石駅へ抜けたが、どちらも初めて乗降した駅。特に山手線にありながら降りる機会がなかった駒込。地味に巣鴨も田端も降りたことがないので、山手線北側は見事に穴だったり。

また、壊れたからというわけではないものの、先日の川治ダムで親父のデジタル一眼レフカメラのよさに触れて以降、デジカメの購入を検討しているので、人が持っているカメラに目が。六義園の東側ではキヤノンを、西側ではニコンを持っている人が目についた。本当にたまたまなんだろうが、紅葉見ているのと同じくらい人のカメラ見てしまった…
☆--------------
公益財団法人東京都公園協会 公園へ行こう!http://www.tokyo-park.or.jp/index.html

2018年11月28日更新:写真を貼り直しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください