台風15号における京浜東北線遅れ&浅草線の状況

どうも、今年の夏は、西へ向かう旅行2回とも台風と重なるという当たり年のnaka-staです。

昨日9/21の帰宅時の様子をまとめておこうかと。

21日は水曜日だったので定時退社日だったが、現在の勤務地の最寄りの新子安駅を通るJR京浜東北線&京急本線が運転見合わせていたので、会社近くで待機しておりました。

twitterとワンセグで情報収集し、20時頃に京浜東北線が動く雰囲気になったので、新子安駅ホームへ。
構内放送では「京浜東北線は運転を再開しました。安全確認を行いながら運行しています」的な内容であったのでホームで待機開始。
しかし、「桜木町を出た」→「横浜を出た」→「東神奈川を出た」→「横浜を出た」と進んでいるような混乱している状況がしばらく続き、東京方面行きが新子安駅に入線したのが20:32頃。
乗った電車はいっぱいだったが、乗れないことはないという感じで北上。
「安全確認を行いながら運行」というのはGPSで計測したところ「20km/hの速度規制」だったみたいで、乗った電車が大井町を出発した21:30に解除に。
その後は、若干詰まりながらもほぼ通常の速度で運行し、下車した新橋到着が21:44頃。
新子安から新橋まで1時間12分。通常が30分程度なので、2倍以上かかったことに。
(混んでいたのでもっと長く感じたが、意外にそんなに遅かったわけでないのね…)
それより気になったのが、この列車、新子安進入時に「1404B」と列車番号を表示していた。
この列車番号をえきから時刻表で調べると…
大船  14:31発
新子安 15:07発
浜松町 15:33発
新橋  快速運転で通過…
大宮  16:23着
なので、新子安の時点で5時間25分遅れ
新橋は通過なので比較できないが、浜松町で考えると約6時間遅れ
すいません、これを書きたかっただけです(苦笑
新橋からの都営浅草線も大幅に乱れていて、たまたま車掌席の真ん前にいたので、列車無線に耳をかたむけていると…
・浅草線の運輸指令が三田駅南行列車の行き先を確認していたり
・指令よりきこえる北行の行き先が通特成田ばかりだったり
・どこかの交代乗務員がいない模様だったり
と、こちらも混乱している様子。
新橋21:55頃発に乗って、押上着が22:44だったので、約50分。通常が20分程度なので、やはり2倍以上か。
こっちは立ちだったけど、列車無線で楽しめたのでそんなに長く感じなかった(オイ
でも、押上駅の京成線方面は改札規制で列が伸びていたので、混乱は大きなものだったのかと。
その辺を見ていると、多少時間はかかったものの、まだマシだったのかと。
なんか、今回も「帰宅困難者」で対策で企業に残すように条例うんぬんと聞こえてくるが、今回の台風は夜まで待てば抜けることはだいたい予想できたし、実際に終電まで動かなかった路線ってほとんどなかったような。
たとえ、会社で残るようにしても、帰りたい人は帰るだろうし、なんか違うようなきがするな~と私見。
以上、たわいのないレポートでした(苦笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください