富士急行6000系電車ヤマノススメコラボ編成

どうも、台風が迫っていると言うことで、家に引きこもっているnaka-staです。関東は、週末に予想されていたよりも早めに通り過ぎそうですね。

さてさて、引きこもっていたので、先日ふらっと訪問した富士急行の記録を整理しておきます。


(JR山手線等で見覚えのある車両が… 2014年9月22日 山梨県南都留郡富士河口湖町 富士急行河口湖駅にて撮影)

訪れたのは、連休谷間の9/22(月)の午後。東京駅を13:30前に出た中央特快で大月駅へ着いたのが14:26。トイレ行ったり、Suicaの精算をしたかった(富士急行の鉄道線はこの時点ではICカード非対応で、来春対応予定。またバスは導入済み)ので、14:28発の河口湖行きをあきらめ、次の列車に乗るつもりだったのだが、トイレの先がすぐに富士急行乗り場で、改札内乗り換えでも富士急行のきっぷを現金購入すればSuicaで精算可能で、かつ発車を待ってくれていたので慌てて乗車することに。

乗った車両は山手線や京葉線などで使われていた元JR東日本205系電車を改造した6000系3両編成。大月駅の改札に近い車両はロングシートに適当な間隔を開けてさらりと埋まっていたが、一番前の車両まで行くとほとんど乗客がいない感じで大月駅を発車。

車両の外観は205系感がよく残っていたが、車内は、つり革ではなくつり「木」だったり、床も木材が使われており、「JR九州感」が。(デザインは最近JR九州などでも活躍されている水戸岡氏)
そして、車内放送は自動放送がメインだが、三つ峠駅手前の放送で突然声優さんの声に!どうやら、TVアニメ、ヤマノススメの声優さんのアナウンスで、この後も、富士山駅到着前と河口湖駅到着前にも。よく見て見たら、車内広告が全部ヤマノススメと富士急行のコラボ広告だった…


(山手線を走っていた車両と同系列とは思えない内装 2014年9月22日 山梨県南都留郡富士河口湖町 富士急行河口湖駅にて撮影)

「ヤマノススメ」なるアニメは知らなかったが、コラボ広告を見る限り、登山をテーマとしたアニメのようで、富士山や三つ峠ハイキングなどからコラボしたのかな?と納得。

ちなみに、この6000系、この記事を書く際に知ったのだが、デビューが2012年2月29日で、「富士急の日」とのこと。

「富士急」といえば、「富士急ハイランド」のイメージが強いような気がするが、「あさぎり」で活躍した小田急20000形ロマンスカーや、元JR165系パノラマエクスプレスアルプスが改造された「フジサン特急」など、個性的な車両も有り、またJR中央本線からの直通列車で乗り換えなしの渋滞知らずで富士山麓へアクセスすることもできるので、ぜひ一度鉄道線にものってみてはいかがでしょうか?

☆--------------------------
富士急行 http://www.fujikyu-railway.jp/
 富士急行線にICカード乗車券システム「Suica」を導入します http://www.fujikyu-railway.jp/upload/file/pdf/20140322.pdf

フジヤマNAVI ヤマノススメ×富士急行トップ http://www.fujiyama-navi.jp/yamanosusume/index2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください